花子かーさんのはっぴーライフ
50代主婦で介護福祉士 人生経験積んできた花子かーさんのつぶやきです
生活

卓上IH調理器でラクラク料理

f:id:eonigiri-5656:20220111200722j:image

 

 

美容室でもらった大量のトマト

 

いよいよ姪っ子の結婚式が近づいてきました。

結婚式に向けて髪を染めてカットをしに

友人の美容室にいきました。

 

白髪がチラチラと目立っていたので

結婚式の前に髪の毛をなんとかしないとと

思ってました。

タイミングよく予約がとれて

明るく髪も染めてもらいました。

友人と相談し

今回は赤で染めてもらいました。

 

まとまりやすくカットもしてもらいました。

あぁ良かった。

持つべきものは美容師の友だちです。

 

帰りに大量のトマト🍅をもらって帰りました。

明日から旅行にいく彼女

家にある大量のトマトを全部

持たせてくれました。

 

f:id:eonigiri-5656:20220111193508j:image

 

写真の3倍くらいのトマトです。

さすがにすごい量なので

ミートソースにしました。

 

トマトでつくるミートソースの作り方

 

合い挽き肉 300g

玉ねぎ 1玉

ニンニク 2かけ

にんじん 半分

ナツメグ

塩、胡椒

野菜はみじん切りにして

オリーブオイルで炒めます。

 

 

トマトは10個くらい使いました。

沢山あったからー💦

ザク切りにして炒めます。

水分がでてきたところで

コンソメ2つを投入

グツグツと煮込みます。

生トマトのせいか水分がかなりでてきました。

大量のトマトをつかったせいかも

しれません。

 

煮ながら調味料を投入

お酒 大4

トマトケチャップ  大2

ウスターソース 大2

中濃ソース 大1

砂糖 大1

醤油 大1

塩、胡椒で味を整えてます。

 

長い時間立って見てられないので

IH卓上コンロで

時間をかけて煮込みました。

こういう時、便利ですね。

吹きこぼれもないし

焦げないし

安心して煮込めました。

 

すごい水分でてます。

 

f:id:eonigiri-5656:20220111204642j:image

 

それを煮込んで煮込んでここまで

煮込みました。水分かなり飛ばしました。

 

トマトの皮はとってないので

そのままです。自家製ならではというか

手抜き料理ですね。

 

f:id:eonigiri-5656:20220111204605j:image

 

卓上IHコンロいいですよ。

今年はこれであずきも2回煮ました。

豆と煮るのには本当にラクラクです。

 

鍋をやるときも便利ですね。

野菜や肉を自分たちで入れながら煮込めます。

食べる人がつくる人なので

主婦は楽できます。

 

時間も設定出来るし熱さも10段階

細かく設定できますね。

冷まさずに温め続けるのもできるし

助かります。

 

卓上IH調理器

 

色んな種類がありますね。

うちは大昔に買った

アムウェイのインダクションレンジです。

だいぶ使ってるのでくたびれてますが

まだ使えます。

壊れるまでは使います。

 

今はそんなに高くなくても

いいものがたくさんでてます。

 

BURUNOのIHクッキングヒーター グレージュ

オシャレで素敵ですね。

あす楽ですぐに届きますよ!

今だったらこれが欲しいですね。

 

 

 

 

料理と母の思い出

 

料理上手だった母には及びませんが

ときどき料理って面白いなと思うんです。

 

亡くなった母は調理師で

病院や会社で料理を作る仕事をずっと

していました。

 

母は小さい頃にお母さんを亡くしているので

お料理なんて教わっていないのに

食べ物の仕事を通して

料理を学んでいたんだと思います。

 

最初の仕事はパン屋さんだと言ってたし

私たちが子どもの頃は

ケーキ屋さんで働いてました。

 

子どもが大きくなり

学校給食の仕事、調理師の免許も取り

病院や会社で料理を提供する仕事を

ずっとしてました。

 

家でもお料理するのが

好きでした。

料理だけでなくお菓子作りもよく

やってました。

ゼリーや水ようかん思いついたようにたくさん作ってはご近所に配って歩いてました。

 

 

 

 

いつも大量につくるので家族だけでは

食べきれないことも

炊き込みごはんや御赤飯は友人の分も

つくってましたよ。

母の料理のファンもいました。

 

研究熱心で新しいものをよく作ってました。

お弁当に魚肉ソーセージで

薔薇の花を作ってくれたときは

感動しました。

 

まとめ

 

考えてみると料理も習ったことがない母は

苦労して全部自分のものにしていったのでしょう。

 

喜んでもらいたいという気持ちで

彩りや見栄えも工夫してくれてました。

料理の思い出はたくさんあります。

 

お金は無かったけど

愛情込めた料理をたくさん

作ってくれてたなと今は感謝です。

 

私もそんな料理を食べて育ったので

見ようみまねでなんとかつくれるように

なりました。

 

私が今作ってるのは、昔

母も作ってくれてた料理です。

あずきも昔よくストーブで

煮てくれていました。

 

今は私が息子や娘に作ってます。

好評だと嬉しいです。

 

母もそうだったのかな。

同じ気持ちを味わっているの

かもしれませんね。

 

母は亡くなっても

料理を通してずーっと繋がっていますね。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

 

 


50歳代ランキング