花子かーさんのはっぴーライフ

花子かーさんの生活ブログです。50代の今、健康、アンチエイジングきになります。大好きなぶらり旅の感想や日常の思いをかいてます。

コンビニ無くなる

f:id:eonigiri-5656:20191003224833j:plain


便利で不便

 

昨日、近くのコンビニにいったら9/30をもって

閉店していた。

昔からあったコンビニだったので

少なからずショック‼️

 

 

最近、ウチの近所はコンビニ競争が

激化しローソン2店、セブンイレブン2店

ミニストップ、ちょっとはなれてファミリーマートとかなり店舗が増えていたから

淘汰されてしまったのかもしれない。

 

 

私が仕事で遅くなった時

お惣菜を買って

かなりお世話になっていた

近くのコンビニが無くなるのは痛い。

 

 

早朝、パンを買いに行ったり

友人宅に行く前にスイーツを

買ったりと

コンビニが身近にある生活

 

たくさんお店があるから

おでんならセブン

スイーツならローソン

ハロハロならミニストップ

つくね棒ならファミマ

という感じで使い分けていて

 

 

すでに生活の一部だ。

我が家の冷蔵庫のような存在だったのに

 

 

閉店した店舗は一番行きやすくて

お店の人も

朝はこの人

昼はこの人

夜はこのおじさんと

顔もわかるくらいだったから

 

いつも、飛び込んで買っていたのに

寂しい😞

 

最近は品数が少なくて

心配してたんだけど

やっぱり

儲かってなかったんだわ

 

 

お店の人たちどうしてるんだろ

なんて、今日も

いらぬ心配をしている私

毎日のように顔をあわせていたから

電気のつかなくなったコンビニをみて

尚更寂しく感じる。

 

 

コンビニの役割

 

 

なんでもそろい

いつでも買いにいける便利さが

もとめられてきたコンビニも

すこし様子がかわってきた。

 

 

昔は、若者たちに必要だった。

深夜、コンビニでお菓子や、ビールを買って

友達の家で飲んだり

若者とコンビニは切り離せない存在だった。

 

 

今は遠くに買い物に行けない高齢者に

とって命綱のような存在になってきている。

毎日、朝・昼・晩とコンビニに買い物に行く

高齢者をよくみかける。

 

 

時代とともにコンビニの役割も変わって

きている。

私以上にお店がなくなって

困っている人がいるかもしれない。

 

 

便利なようで不便

こんな感じを最近よく感じる。

便利になることが

いいことばかりではない。

 

 

東京ではウーバーイーツという

フードデリバリーサービスが話題らしい

家から出ずに好きなものが買えて

配達もしてくれるそうだ。

レストランに行かなくてもレストランの料理が

たべられるとか。

すごい!画期的!

 

 

いまは東京など大都市でも

そのうち地方でもみかけるだろうか?

人手不足が深刻な地方で

成り立つのだろうか。

 

 

便利においつくのは大変だ。

役目を終えて

暗くなったコンビニの店舗を

みながら「いままで、ありがとう」とつぶやいた。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村