花子かーさんのはっぴーライフ

花子かーさんの生活ブログです。50代の今、健康、アンチエイジングきになります。大好きなぶらり旅の感想や日常の思いをかいてます。

睡眠負債と夏の疲れ

いい眠りしてますか?

 

f:id:eonigiri-5656:20190912062839j:image

 

年をとると夜中に起きることも増え

朝も早くおきてしまう。

眠くても若い時のように眠ることは

できなくなってしまった。

 

 

昔はちょっとくらい寝なくても

身体も元気だったし

寝れば次の日は回復したのに

 

 

でも今は違う

40歳を過ぎた辺りから

徹夜はきつくなった。

50代になったら徹夜は出来ないし

寝てもスッキリとは

いかなくなった。

 

 

すっきりと起きられず

寝ても疲れがとれないときもあり

ちょっと無理すると

生活に支障をきたして

しまったり

 

身体がきつくて

昼間仮眠をとることもあるし

この夏は冷房をほぼ

入れていたので

寝ていても、からだが冷えて

トイレにおきることもあったなー🤭

 

 

赤ちゃんのときは一日の3分の2以上

眠っているけれど、50代あたりから眠りが

浅くなるのは

どうやら

体が老化するのと同じに脳も老化するため

眠りをコントロールする

睡眠中枢の働きが弱ってくるため

 

 

若い頃は早寝早起きが苦手だった人も

年をとるにつれて朝型人間になるのは

理由があったんですね。

 

 

 

睡眠不足が積み重なって

身体がSOSをだすのは

睡眠負債

というそうです。

 

 

9月に入り

体調を崩す人が、私のまわりでも多くて

娘も胃腸炎になり

病院で薬をもらい

死んだように寝ていました。

 

 

そんな時であったのがこの本です。

 

 

 

 

 

 

睡眠にも

技術がいることを確認しました。

 

 

あと睡眠の量には

個人差があり

ロングスリーパーとショートスリーパーの

人がいるそうてす。

 

 

睡眠量の個人差には遺伝子が影響

しているということも

驚きでした。

ちなみに私は

ショートスリーパーです。

長くは寝られません。

 

 

この本の中で

寝つきを良くするポイント

  1. スマホに門限をつくる
  2. 入浴はぬるめで
  3. 三食で腸内を整える

 

できてますか?

スマホ、パソコン寝る前にやるのは

良くないそうです。(やってますね)

 

画面のブルーライトが副交換神経を活性化

させる熟睡ホルモン

「メラトニン」の分泌を抑え交換神経を

刺激するのだそうです。

 

 

自律神経を整えるためにも寝る1時間前には

スマホ、パソコンは使うのを控えたいですね。

とはいえ、娘も息子も布団の中で

寝る寸前までスマホ見てますから

 

 

身体の中で起こっている事

伝えていきたいと思います。

もちろん私も、ブログを書くのは夜になる事が多いので気をつけようと思います。

 

 

次にお風呂です。

夏の間はシャワーで済ませてしまう人も

多かったのでは?

やはりお風呂に入る方がいいようです。

 

それもぬるめの お湯が副交換神経を

優位にするのでいい眠りができるとか

眠る1時間前には入浴を済ましましょう。

 

 

最後は食事です。

寝るのに食事関係あるの?

と思いますよね。

 

熟睡ホルモンのメラトニンは

95%が腸壁で作られるそうです。

腸内環境を整えることが

快眠につながる大きなポイントで

一日三食のリズムが腸壁環境を整える

ベストな方法だそうです。

 

朝、起き抜けに一杯の水を飲むことも

寝る3時間まえには食事を済ませることも

快眠のためには大事なことです。

 

たしかに

寝る前ににたべると胃も、もたれて

スッキリとは起きられないですよね。

 

 

特に日本は若い人も睡眠不足の人が

多いそうです。うちの子も含めて

睡眠を甘くみてはいけません!

 

 

身体に不調が出る前に

睡眠の質を高めましょうね!

花子かーさんからのお願いです。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村